「君の名は。」を見て

自分の趣味は、映画を見ることだ。友人や恋人と見に行ってこのストーリに感銘を受け、とても涙した人も多いはずである。男の子と女の子が入れ替わり、夢だと思っていたが現実だったのだ。翌朝になり、元の体に戻っていたのだが安心していると他の誰かと入れ替わることがたびたびあったのだ。入れ替わりが頻繁に起こることが多かったため、携帯にメモを残しておくことで戻った時に困らないようにしたようだ。ただ、入れ替わることが起きるだけでなく環境が変わってしまうことで記憶自体がないことに驚いたことだ。全く知らない土地で、生きることになるので適応出来るように成長していくことである。男の子と女の子が入れ替わるだけでなく、住んでいる場所まで変わっていくのがとても深いものだ。次第に仲良くなり、打ち解けるのがとても魅力的であるのだ。だが、入れ替わることが突然亡くなってしまい携帯のメモがなくなってしまったのだ。不思議に感じ、ある場所に訪れるのだが3年前に隕石が落ちて住民自体が死亡していたのだ。過去を変えてしまった代償として、入れ替わった人の名前も忘れてしまったのだ。過去を変えてしまったため、入れ替わった人が生きていたのを電車の中で発見したことだ。奇跡が起こったとしか思えないことだ。

関連記事

話題をチェック

ページ上部へ戻る