剣術の素晴らしさ

私の趣味は剣術です。始めたきっかけは歴史が好きであるところからです。中でも坂本龍馬が大好きで、龍馬がやっていた剣術、北辰一刀流の道場が都内にあると知ってから始めました。
なぜ剣術をしているか?カッコいいとか憧れなどだけではありません。歴史の偉人から学ぶためにやっています。
現代ではスーツにネクタイという服装で頭を使い、今を生き戦っていると思いますが、昔の場合は着物を着て、髷をし刀を使い戦っていました。
今と昔の違いに気がついたのです。昔は刀は武士の命、剣術を磨き命をかけてこその人生でしたが、今に置き換えると頭を使い命をかけてこその人生なんてカッコつけても言えません。刀は己の精神を磨き上げるための分身だったのです。私も仕事、人生においてそんな武士道というものをもっと取り込み恥じない生き方、己の精神を磨き上げるツールとして北辰一刀流の稽古をしています。
刀を自分の頭と置き換える考え方をして、自分だけの仕事への考え方というものを養いたいと思いこの趣味を続けています。
今では失敗しても命まではとられませんが、昔は己の磨きが足りなければ死んでいたことを忘れず、仕事の死というクビならないよう精神を磨き上げています。
剣術には体を動かし鍛える以外にも、本を読み精神を磨くということもあります。刀以外に頭も鍛えなければならないのです。
それがこの趣味として良いバランスとなっています。
時代とともに進化しているテクノロジー、新しい時代となってきていますが、過去の歴史にも素晴らしいものはたくさんあります。そんなことを忘れないようにし日々努めております。

関連記事

話題をチェック

ページ上部へ戻る